その他

最新バージョンが公開されたら通知する

チェックすると、起動時にhttp://janesoft.net/janestyle/version.txtの取得を行い、Jane Styleの新バージョンが出ていないかチェックします。
この機能は一日につき一回だけ動作します。
30回連続でversion.txtの取得に失敗した場合、この機能は自動的にオフになります。

起動時に板一覧を更新する

チェックすると、起動時に板一覧の更新を実行します。
この機能は一日につき一回だけ動作します。

メニューに板一覧を展開する

メニューの「板一覧」に、板一覧にある板のリストをすべて表示します。
ツリービューを非表示にしていてもメニューから板を開けるので画面を広く使えますが、起動や設定の変更に時間がかかるようになります。

メニューにお気に入りを展開する

メニューに「お気に入り」を表示するかどうかを設定します。

お気に入りメニューで「このフォルダを開く」を使用する

メニューの「お気に入り」やリンクバーで「このフォルダを開く」を使用するかどうかを設定します。
「このフォルダを開く」を選択すると、同階層にあるスレッドや板をすべて開くことができます。

お気に入りの重複を許可する

チェックすると、同じ板やスレッドを重複して何個でもお気に入りに登録することができるようになります。

「お気に入りに追加」をフォルダの末尾で行う

チェックすると、「お気に入りに追加」で追加されたスレや板が選択したフォルダの最下層に追加されるようになります。
※Shiftキーを押しながら「お気に入りに追加」をすると、設定と逆の動作で「お気に入りに追加」を行います。

終了時に開いていたスレ・板を次回起動時に開く

Jane Styleを終了する時に開いていた板やスレッドを記憶して、次に起動した時にそれらをすべて開きます。
起動した時にいつも決まった板やスレッドを開きたい場合は、お気に入りの一番上の階層に「スタートアップ」という名前のフォルダを作っておくと、
次回起動時にその中の板とスレッドが開かれます。

既読にする
終了時に開いていたスレッドを既読にします。

最小化時はタスクトレイに格納する

最小化されたときにJane Styleのメインウィンドウを非表示にし、タスクトレイにアイコンを表示します。

「一つ前のレスを貼り付け」のショートカットキー(Shift+BackSpace)を無効にする

書き込みウィンドウやメモ欄で【Shift+BackSpace】を押すと一つ前に書き込んだレス内容を貼り付ける機能があります。
チェックすればこの機能を無効にします。

最後までスクロールしたスレを既読にする

最後までスクロールしたスレッドを既読にします。(スレタブの新着マークを消します)

再描画する
最後までスクロールした時にスレを既読にすると同時にスレッドを再描画します。

すべて開く系動作時に更新チェックを同時に行う

「中身をすべて開く」、「このフォルダを開く」、「新着をすべて開く」、「お気に入りの新着をすべて開く」、
「更新チェック後、更新のあるスレッドをすべて開く」、の動作時に、
更新チェックを同時に行うかどうか設定します。

「すべてのタブの新着チェック」で未読のあるタブの文字色を変更しない

「すべてのタブの新着チェック」でチェックしたスレに新着がなくても未読があればタブの文字色を変更しません。

トレースにベンチマークを表示する

トレースにデータベースの処理にかかった時間やエラーログを表示するかどうかを設定します。

解放しないで保持する板情報の数

ここで設定した数だけ、板を閉じてもスレ一覧の情報をメモリから開放せずに残しておくことができます。
メモリを多く消費する代わりに、ファイルアクセスの増大による速度低下を抑える効果があります。

「ちょっと見る」の範囲

右クリックメニュー「ちょっと見る」で、ちょっと見ビューアで選択スレッドのどの部分を表示させるかを指定します。
指定方法の例は以下のとおりです。

1と6〜9             6-9
6〜9のみ(1は除く)   6-9n
1と9のみ            9-9
9のみ(1は除く)      9
1と9〜              9-
9〜(1は除く)        9-n
1〜30まで           -30
1と最新30           l30
最新30(1は除く)     l30n

○秒毎に開いているスレ・板の状態を保存する

設定した秒数毎に開いているスレ・板の状態を保存します。
※「終了時に開いていたスレ・板を次回起動時に開く」設定時に有効になります。"0"でこの機能を無効にします。