ファイル説明

トップページヘルプ目次はじめに > ファイル説明

配布ファイル

Jane2ch.exeJane Style本体。
Jane2ch.exe.manifestWindowsXP ビジュアルスタイル適用に必要なファイル。
JaneAssist.exeJane Styleの再起動等に用いる補助アプリ。
JaneStyle.txt更新履歴、注意書きの書かれたファイル。
JaneStyle.chm使い方等の書かれたヘルプファイル。
sample+.zip設定のサンプル集。
WriteWait.iniSamba規制対策用iniファイル。
鯖ごとの待ち時間をWriteWait.iniに書いておくと、
書き込んでからその時間分だけ書き込みボタン上でカウントします。
Samba規制にかかると、自動で該当鯖の待ち時間を追記・変更します。
設定の[基本]-[書き込み]の、「カウント補正」で待ち時間に余分にカウントすることができます。
sqlite3.dll高速Merge等のデータベースを利用するのに必要なDLL。
bregonig.dll正規表現の処理の高速化に必要なDLL。
Document
フォルダ
Jane Styleの改造の元になったOpenJaneおよびその派生の
更新履歴、注意書きの書かれたファイルを収めたフォルダ。
Sound
フォルダ
このフォルダ内にwavファイルを入れておくと、スレッド更新時に効果音を鳴らすことができます。
詳しくはこのフォルダに同梱の「Sound.txt」を参考にして下さい。
Option
フォルダ
このフォルダの中身をJane2ch.exeのフォルダに移動すると拡張機能を有効にします。
詳しくはこのフォルダに同梱の「readme.txt」を参考にして下さい。

設定ファイル

Jane2ch.iniJane Styleの設定ファイル。自動で作成される。
jane2ch.brd板一覧を保存・変更するためのファイル。自動で作成される。
Logsフォルダ取得したログ等を保存するフォルダ。自動で作成される。
favorites.datお気に入りを保存するファイル。自動で作成される。
favorites.dat.bak(bak2/bak3)favorites.datのバックアップファイル。自動で作成される。
お気に入りデータが万一破損した場合はこのファイルをfavorites.datにリネームして使用してください。
session.dat 終了時に開いていたスレッド・板を保存するファイル。
設定の[基本]−[その他]の「終了時に開いていたスレ・板を次回起動時に開く」に
チェックが入っていると作成される。
session.dat.bak(bak2/bak3)session.datのバックアップファイル。自動で作成される。
終了時に開いていたデータが万一破損した場合はこのファイルを
session.datにリネームして使用してください。
name.dat 書き込みウインドウの名前欄のリストを保存するファイル。
設定の[基本]−[書き込み]の名前欄にデータがあると作成される。
mail.dat 書き込みウインドウのメール欄のリストを保存するファイル。
設定の[基本]−[書き込み]のメール欄にデータがあると作成される。
account.cfg ●のユーザーIDとパスワードを記憶するファイル。
設定の[基本]−[User]にデータがあると作成される。
command.dat外部コマンドを保存するファイル。
設定の[機能]−[コマンド]にデータがあると作成される。
Optionフォルダ、添付のsample+.zipにサンプルを同梱。
mouse.datマウスジェスチャの設定を保存するファイル。
設定の[機能]−[マウス]にデータがあると作成される。
Optionフォルダにサンプルを同梱。
keyconf.ini ショートカットキーや、メニューバーのキャプションを変更するためのファイル。
メニューの「ツール」→「keyconf.ini更新」を実行すると作成される。
kakikomi.txt 書き込み履歴を保存するファイル。
設定の[基本]−[書き込み]の「書き込み履歴をkakikomi.txtに保存する」に
チェックが入っていると作成される。
NGnames.txt 名前であぼーんの文字列を保存するファイル。
設定の[機能]−[あぼーん]の「NGName」にデータがあると作成される。
NGnames2.txt 名前であぼーんの種別、登録時刻、あぼ〜ん回数、レス確認期間、有効期限を保存するファイル。
設定の[機能]−[あぼーん]の「NGName」にデータがあると作成される。
NGaddrs.txt メールアドレスであぼーんの文字列を保存するファイル。
設定の[機能]−[あぼーん]の「NGAddr」にデータがあると作成される。
NGaddrs2.txt メールアドレスであぼーんの種別、登録時刻、あぼ〜ん回数、レス確認期間、
有効期限を保存するファイル。
設定の[機能]−[あぼーん]の「NGAddr」にデータがあると作成される。
NGwords.txt 本文であぼーんの文字列を保存するファイル。
設定の[機能]−[あぼーん]の「NGWord」にデータがあると作成される。
NGwords2.txt 本文であぼーんの種別、登録時刻、あぼ〜ん回数、レス確認期間、有効期限を保存するファイル。
設定の[機能]−[あぼーん]の「NGWord」にデータがあると作成される。
NGid.txt IDであぼーんの文字列を保存するファイル。
設定の[機能]−[あぼーん]の「NGid」にデータがあると作成される。
NGid2.txt IDであぼーんの種別、登録時刻、あぼ〜ん回数、レス確認期間、有効期限を保存するファイル。
設定の[機能]−[あぼーん]の「NGid」にデータがあると作成される。
NGEx.txt NGExであぼーんの文字列を保存するファイル。
設定の[機能]−[あぼーん]の「NGEx」にデータがあると作成される。
NGThread.txt設定の[機能]−[あぼーん]の「NGThread」にデータがあると作成される。
NGFiles.txtNGファイルのハッシュ値を保存するファイル。
AAList.txt AA入力支援のAAリストのファイル。
ユーザーが事前にAAのリストを用意しておけば、
書き込み時にリストを呼び出して、AAを選択して書き込み窓に貼付ける事ができる。
Optionフォルダにサンプルを同梱。
VwCacheフォルダ ビューアで読み込んだファイルのキャッシュを収めたフォルダ。
ビューア設定の[キャッシュ]でキャッシュの処理を設定できる。
フォルダの中身の拡張子vchのファイルについては[キャッシュについて]を参照してください。
ImageViewTmpフォルダ ビューアで読み込んだファイル等を一時的に収めるフォルダ。
ImageView.iniビューアの設定ファイル。
ViewMenuConfig.ini ビューアのショートカットキーや、メニューのキャプションを変更するためのファイル。
ビューア設定の[操作]の、「MenuConfig書出」を実行すると作成される。
Proxy.txt スレッドにレスをするときに使用するProxyを切り替えるために必要なファイル。
trace.txtトレース画面の文字列を変更するために必要なファイル。
添付のsample+.zipにサンプルを同梱。
URLExec.datURLクリック時に外部アプリケーションを動作させるのに必要なファイル。
Optionフォルダにサンプルを同梱。
URLExec2.datURLマウスオーバー時に外部アプリケーションを動作させるのに必要なファイル
ReplaceStr.txtレス内の文字列を任意に置換できる機能を動作させるのに必要なファイル
ImageViewURLReplace.datビューアで画像等を読み込むときにサーバーに送るリファラーを、
正規表現によって補正するのに必要なファイル。
Optionフォルダにサンプルを同梱。
brdcustomize.ini板ごとのカスタム設定を行うためのファイル。
Optionフォルダにサンプルを同梱。
SearchEngineList.ini使用する検索エンジンを編集するのに必要なファイル。
Optionフォルダにサンプルを同梱。
SearchHistory.txt検索履歴を保存するファイル。
BEIDList.txtスレッドにレスをするときに使用するBEのログイン情報を切り替えるために必要なファイル。
DeniedSPI.txt使用しないSusieプラグインのリストを保存するファイル。
RecentlyClosed.dat「最近閉じたスレ」のデータを保存するファイル。
RecentlyRead.dat「最近読み込んだスレッド」のデータを保存するファイル。
RecentlyWrote.dat「最近書き込んだスレッド」のデータを保存するファイル。

スキンファイル


Header.html HTMLヘッダテンプレート。
Doeではレス表示欄のフォントの種類を指定するのに使う。
Res.html既読レス用テンプレート。
NewRes.html新着レス用テンプレート。
PopupRes.htmlレスのポップアップ用テンプレート。
BookMark.html「ここまで読んだ」使用時にレスとレスの間に挟まれるしおりに適用されるファイル。
NewMark.html新着レスを取得したときに、すでに取得していたレスと新たに取得したレスの間に挿入されるファイル。
attrib.ini Doe版のレス表示欄のフォント色を指定するためのファイル。
設定を開いて「OK」をクリックすると作成される。
CustomSkin.ini板別スキンを使用するために必要なファイル。
BoardToSkin.ini板別スキンを使用するために必要なファイル。
CustomSkin.iniがあれば自動的に作成される。
listimg.bmp板一覧とスレッド一覧のマークとして使われる画像ファイル。
mtoolimg.bmpメインツールバーのアイコンとして使われる画像ファイル。
mtoolbar.txtメインツールバーに機能を割り当てるファイル。
ttoolimg.bmpスレッドツールバーのアイコンとして使われる画像ファイル。
ttoolbar.txtスレッドツールバーに機能を割り当てるファイル。
memoimg.bmpメモツールバーのアイコンとして使われる画像ファイル。
searchimg.bmp検索バーのアイコンとして使われる画像ファイル。
Go.bmp移動ボタンアイコンとして使われる画像ファイル。
caution.bmpログ破損時の警告マークとして使われる画像ファイル。
SearchEngineImg.bmp検索バーに使用するアイコンとして使われる画像ファイル。